財団の主な取り組みFoundation initiatives

地域ネットワーク支援事業
 地域が動き出す!~寿都町におけるBYWAYの取り組み-オイスター・ビレッジを拠点とした交流人口と地域消費の拡大-~
 
 公益財団法人はまなす財団では、「食や景観その他、地域資源を活かした地域づくり」を、地域コンセプトの検討から地域事業者の事業支援、地域への効果検証といった一連の流れを関係機関の連携と支援も得て「地域が動き出す取り組み」の具体化を進めているところです。

 2003年度から北海道開発局事業等の受託を契機として、後志の観光戦略の策定プロジェクトを北海道開発局、後志総合振興局、小樽市をはじめとした各自治体、及び民間のメンバーで課題と対策を検討し、「従来の報告書で終了するのではなく具合的な取り組みへ」の方針で約30のアクションプランを策定し、支援を行ってきました。
 具体的には、後志の地域情報を高品位に発信する雑誌「BYWAY後志」の発行支援、小樽市民の観光を醸成する雛巡り支援など地域に応じた様々な支援を展開してきましたところですが、寿都町において民間事業者の取り組みを契機に様々な観光資源に恵まれた町内を回遊してもらうことが寿都町の観光振興に効果をもたらすと提唱し、事業計画作成から事業化、事業拡大まで支援する国のスキームである経済産業省「地域産業資源活用事業」での取組を提案しました。
 2018年に当プロジェクトが始動し、地域が動き出しましたので、そのレポートを掲載します。
 

※「BYWAY」とは交流の拡大を意味するものです。
 

 

このページに関するお問い合わせ

公益財団法人はまなす財団 事業産業部 河田

〒060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目 札幌センタービル15階
TEL:011-205-5011 Mail:info@hamanasu.or.jp
ヤマシメ邸改修 

 

 特に地域の活性化が期待される日本海沿岸域において、地域資源を見直し地域の活性化を図るなど自立的に事業を展開している「地域づくり活動」について支援を行っています。 
 なかでも、積丹町においては、一般社団法人積丹やん集小道協議会による地域おこし活動の拠点となる「ヤマシメ邸」の当面の整備が終了し、本格的な交流事業が展開されることになりました。

 

DSC02424.JPG

 

DSC02441.JPG

DSC02423.JPG

DSC02429.JPG

 

このページに関するお問い合わせ

公益財団法人はまなす財団 事業産業部 藤田 / 河田

〒060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目 札幌センタービル15階
TEL:011-205-5011 Mail:info@hamanasu.or.jp