財団の主な取り組みFoundation initiatives

新観協研
 「地域づくり活動発掘・支援事業」に採択された観光地域づくりに関するプロジェクトの推進母体である観光協会が抱える共通課題を解決するために、2014年に設置した研究会です。北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 石黒 侑介 准教授 に座長を依頼し、DMOに関する観光協会のあり方や、観光協会ならではのオリジナルのビジネスづくりなど、「明日から実行できる」をキーワードとして観光協会同士のディスカッションを継続しています。2020年度は、合計3回の研究会を開催し、具体的なビジネスづくりに向けた取り組みのきっかけとなっています。
 また、北海道大学と当財団は連携協定を締結しており、同協定に基づき、北海道大学が開講するデスティネーション・マネージャー育成プログラムにおいて、当財団による支援も行っています。

 

 

 

 

 

 

Information